副業のFXで多額の借金をしてしまった

私は現在28歳の会社員です。最近になり、初めてFXをやり始めました。なぜやったのかと言うと、やはり資産運用と、不労所得目的です。自分の会社の給料だけでもやっていけますが、この不況のご時世、何があるかわかりませんので、万が一のことを考えて始めました。資産といっても10万ほどです。

そんな少額で利益がでるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、できます。FXにはレバレッジという機能が存在し、最大で25倍、資産があることを仮定して運用することができます。私なら最大で250万円あることを想定して取引ができます。そのために証拠金が10万円です。

証拠金は取引をするための最低の担保となるお金です。それでドル通貨を購入するとして最低証拠金が約4500円となります。それをレバレッジをかけ、0.01の変動で私は200円変動の取引を行っています。120.00の時に購入して120.10の時にドルを売却すれば2000円の利益となり、私の不労所得になります。

他にもスワップポイントというものが存在して、それは日本と世界の通貨を比較したときの金利差によって生じる利益のことです。一日経過することで購入した通貨に対し、スワップポイントは必ずつきます。高金利の代表としてニュージーランドがです。

必要証拠金が約3500円必要となり、それを購入することで、一日約70円のスワップポイントを受けることができます。低金利の日本だからこそこのスワップポイントはなりたっていると言っても過言ではありません。しかし、自分はこちらで赤字をだしてしまい、現在ではキャッシングを行ってその場を凌いでおります。ほんとうにショックです。現在では借金をまじめに働いて返済中です。

派遣会社時代に初めて利用したのはアイフルでした

私は人生で二度借金をしました。
一度目は派遣会社勤務の時です。

派遣社員は仕事が三ヶ月更新だったのですが、前の派遣先の契約が終わり、次の派遣先が決まるまでに二ヶ月程かかってしまいました。

元々あった貯金も底をつき、親に頼る訳にもいかなかった為、絶対しないと決めていた借金に手を出してしまいました。
私が利用したのはアイフルさんです。

新しい派遣先の給与振り込みまで5日あり、その間の家賃・生活費の為に10万円程必要でした。
アイフルさんでは当時一週間無利息のキャンペーンを行っていました。
なので、無人契約機で契約を行い、その場で10万円の借金をしました。

サラ金の施設に入るのは生まれて初めてだったので、ドキドキしました。
周囲の人達から見られているのではないか、という恥ずかしさや緊張感に苛まれました。

実際の契約はびっくりする程簡単に終了し、手元には労働した訳でもないのに10万円の紙幣がありました。
借金癖のある方は、借り入れ限度額を預金残高の様に勘違いしてしまうと聞いた事がありますが、確かにこの手軽さは危険だと思いました。

私はその五日後、給料が振り込まれたのを確認次第、すぐに10万円をおろしてアイフルさんのATMから返済しました。
利息は一切発生しませんでした。

二度目の借金は、彼女とゴールデンウィーク中にデートした際です。
財布にお金が無かった為、コンビニATMでおろそうとしたのですが。
ゴールデンウィーク中には全銀行のATMが休止しているという事実を知りませんでした。

そのため、デート代を捻出する為に、彼女に「少し歩いてくる」と嘘をつきました。
そして気付かれない様にアイフルのキャッシュコーナーを探し、デート代2万円を借りました。
既に前回カードを作っていたため、借り入れはとてもスムーズでした。

デートは無事終了し、ゴールデンウィーク明けにはその2万円はすぐに返済しました。

10年以上前に起きた二回の出来事でした。
それ以降は借金をせずに生きてくることができました。

一度借金をすると中々返せなくなる

皆さん、全盛で一度は誰もがお金に困ったことがあることでしょう。

そういったとき、借金することが頭の中にちらつくいてしまいますよね。そんな時自分の体験を少しでも思い出してくだされば幸いです

自分は大学3年生の時、今しか行けないだろうという理由で海外旅行に行くために借金をしてしまいました。月に少しづつ返していけば返せるだろうと思ったからです。

しかし、この考えは甘かったということにすぐに気づきました。まず、自分の生活水準以上のことをしてしまったがために、できた借金なのです。

そのイベントが済んだからと言って次からお金を使うことがないかと言ったらそうではありません。

次の月も飲み会であったり友人と出かけたりなど、お金を使う場面は後を絶ちません。借金がなければ、すべてを楽しむことが出来るのでしょうけど、月々の返済のことを考えると遊び続けるわけにはいきません。

しかし、その我慢する生活をあきらめてしまったときに、利息のみ払う生活をしてしまいました。その結果、なかなか借金が減らないという状況にまで追い込まれてしまいました。今でも少しづつですが返済していますがなかなか減らない現実です。

この状況がいつでも頭の中にいて大変なストレスとなっています

なので、みなさんできるだけ借金はしないようにしましょう

借金で、友達をなくす前に意識するべきこと

私は、個人事業者であり、自然と自分の回りも経営者が多かったです。

私が事業を始めたのは、今から20年前で、借金をすると言いましたら、ほぼ銀行がメインで、今のように、簡単にキャッシングなど出来ませんでしたし、借りれるとしても、凄く利息が高かったものです。

今なら、払いすぎた利息を返してもらえようになりましたが、当時は、そんなことになるとは思っていませんでした。
ですから、簡単に借金するといったら、友人、親戚といった身近な人でした。

私の事業は、出だし好調で、回りからは、儲かっているように見えたのでしょう。
身近な友達が、色々な理由で借金の相談に来ました。

昔からの言い伝えのように、金を貸すときは、戻って来ないと思え、そう思い、金を渡した友達もいました。
いや、絶対に返してもらえるという思いで貸して、催促してやっと返してもらえるというような、苦い体験もしました。

結局、お金を貸しても貸さなくても、関係に亀裂が入るのだと勉強しました。
自分が金欠で苦しい時、とても貸してもらえる状況ではありませんでした。

私は、銀行のカードローンや、キャッシングで、お金を用立てると決めました。
絶対に返すと決めているなら、しかるべき利息も払い、キッチリするのが一番、友達なくすより、ずっと良いです。

まさか婚約者に多額の借金が、誰に相談したらいい?

私は当時バツ一、子供がいる身分で、だれかいい人と再婚したいと望んでいました。そこに現れたのは、地方公務員の彼でした。とてもよい人で、子供もすぐなつきました。しかし、彼と付き合えば付き合うほど、彼は所有物がなくなっていきました。なぜなら、彼と彼の家には多額の借金があったのでした。

まず、乗っていた車がなくなりました、聞いてみるとローンが払えなくなったということでした。そして、詳しく聞いてみると、親の交通事故で、商売がうまくいかなくなり、商売をはじめるときに借りていた借金が払えなくなり、その返済に苦しんでいるということでした。

そして家のローンも重なって、なんと2千万でした。彼と再婚しようと決めていた私は本当に辛く悲しい気持ちになりました。結局、再婚後、数ヶ月経ってから、銀行員が夜に訪ねてきて、彼と外で話していました。おかしいなと思っていたら、家がもう抵当に入っていて、家が没収されるところまで来ていました。

結局、多額負債に苦しむ人を助けてくれる団体に相談に行き、大変素晴らしい弁護士さんを紹介してもらい、建て直しをしていきました。

借金無料相談 | おすすめの借金返済の相談所ランキング

悩む前に相談をするべきだったと思います。弁護士さんが手続きを進めてくれますし、なんといっても心の不安が取り除かれたのが一番のメリットでした。

自己破産をするつもりがない場合

私は多重債務者です。私は借金が多すぎて首が回らない状況にあります。そんな状況で2年が過ぎました。今日は自慢させてください。私が自然と債務整理ができてしまったことをお話させていただきたいと思います。よろしくお願いします。債務整理とは自己破産や任意整理をするということになります。

しかし、私はどちらもしていませんし、毎月の支払すらしていません。もちろん、請求はきます。お金がなければ無視するか電話して、遅れながら支払うかということになると思いますが私は何もしていません。実は、2年前に弁護士事務所に行きました。そのときに債務整理の相談に行ったのですが自己破産しかないですと告げられ、踏み切れなかったのです。

しかし、弁護士さんに身をまかせることにして、自己破産の契約をしたのです。そして、現在も自己破産の費用を弁護士さんに払っている途中でもあります。しかし、私は自己破産はしません。

弁護士さんにこのことはお伝えしていませんが自己破産はするつもりがありません。自己破産を弁護士さんに依頼すると、弁護士さんが債権者に受任通知というものを先方に出します。この通知はすべての債権は弁護士事務所を通して行いますという意味になります。この状態になると私のような債務者は請求が止まり、安心します。

これをうまく利用したのです。最低な行為ではありますが合法なのです。最終的には弁護士さんとの契約は契約不履行になりますが自己破産費用が積み立てられませんでしたと伝えれば大丈夫です。これが私の債務整理になります。

たくさんの結婚招待を受け、幸せな人に囲まれながらも自身は借金で不幸に

私は今年に入り結婚ラッシュを迎えました。そして金欠どころでは止まらずキャッシングをしてしまいました。人の結婚式のために借金するってどうなのと思うかもしれません。私にも抵抗はあったのですが招待された以上断りにくいのです。そういったこともあり、今年は7回も出席しました。

私の記憶では合計で35万円のご祝儀と参加に際して諸費用がかかっていますので50万円くらいは使っていると思います。私には貯金がほとんどありませんでした。そんな中での出来事で現在でもその結婚にかかった費用はキャッシングしましたので返済をしております。

キャッシングはクレジットカードに付与されていたものを使い合計で60万円にもなります。ずいぶん簡単にお金が借りれたのでびっくりしました。現在ではその返済があるため、ほぼ毎日、卵かけご飯を食べています。幸せを祝うどころか不幸になっている気がします。幸い、返済には追われていないのでそれだけは救いかもしれません。

それから結婚式で出会った女性と交際しておりましたがその女性は結婚願望が強すぎて半ストカーみたいになってしまっています。友人の友人でもあるのでとても困惑しております。仕事も手付かずで本当に困っております。どなたかアドバイスをいただけますと助かります。